ユーカリの樹〜私立受験体験記・主婦のブログ

中学・高校受験体験記/ 反抗期の娘2人

K応中等部 コネがあっても落ちる

当たり前といえば当たり前の話しで
申し訳ないが。

「コネありますか?」と塾でいわれた経験から
(うちの身内に慶応はいない、、、)
漠然と
コネがあれば受かる
的な解釈が成立していたけれど、それは違った。

「コネがあっても落ちるときは落ちる」

ことが分かった。

そのコネがこれまたかなり強力なもので、
受験生の身内がK応の教員というもの。

それをしても入れない、厳しい受験の世界。





数学が苦手という次女の真実

今知った。

次女、中学2、3年のとき
数学の授業中寝ていたらしい。😭


そりゃー今数学で苦労するはずだ。

中高一貫だから、高校受験のときではなく、
高2になった今頃慌てている。現在数3。

2年間の穴埋めどうするんだよ。理系志望なのに。
いくら高校からは起きていると威張っても、
穴の開いたザルに水を入れてるだけだろーよ。


今頃、当時の授業を塾で受けようとしている。


ガックリ首を垂れた私を見た娘、

なぜか逆ギレ。😱


「知らなかったの?分かるでしょ!⇒(まさか寝てるとは思わん)

注意してくれたら良かったのに!⇒(お母さんのせいかい!)」


寝てるお友達も確かにいたかもしれない。

でもそのお友達は塾に通っていて、
すでに習っているところだから
退屈だったんだよ。


あなたみたいに、未知の分野を寝ていたら
どうなるか、、、。

想像できなかったのかい?🐙


あーーあ。



FC2Ad