ユーカリの樹 ~ ラブラドール15歳・私立受験体験記・主婦のブログ

ラブラドール15歳/中学・高校受験体験記/ 反抗期の娘2人

親も辛い

相変わらず朝起きてこない。


9時頃掃除機をかけにいく。

目覚まし代わりだ。

うるさいと怒る。

しぶしぶ起きてくる。

ダラダラとご飯を食べたり、スマホしたり。


もし注意をしたら、

「余計やる気がなくなるからやめて!」と言う。


こんなとき親はどうしたら良いのだろう。



やる気が出ないという娘。

受験の意義が分からないらしい。

見ているのも辛いので出かけた私。



学校の講習があるから、昼にはでかけただろうが、

どうせ昼まで勉強しなかったのだろう。



やる気のない人をやる気にさせるのは、

好きでもない人を好きにさせるのと同じくらい難しい。
















後ろ足、頑張って!

15歳7ヶ月になった。


ラブくんの後ろ足がだんだん

だんだん衰えてゆく。


座っている時もフセのときも、後ろ足は不自然な伸び。

寝ている時もこの伸びた足状態で上半身だけ横を向く。

そうしないと寝返りがしにくいようだ。



後ろ足の片方はもう体重をかけられなくなりつつある。

もう片方の後ろ足が1本で下半身を支えている。

それも不可能になったとき、いよいよ立てなくなってしまうのか?

頑張って、後ろ足!



そうだ、前足も右足は2度着きしながら歩いている。

足を拭く時は右足を持ち上げると体を崩してしまう。

左足だけでは体を支えられない。

頑張って、前足たちも!










朝、起こしてしまった

昨日、目覚まし時計を買った。

音量が調整できるもの。自分の声も録音できる。

これで起きられるかな?と期待。



夫 「ほっておけ!」

いつも言う。「遅刻して困るのは自分だ。

起きる気があれば自分で起きる」

確かにそう。要はやる気がないのだ。

分かっている。そんなこと。

でも心配なのだ。母親だもの。



しかし、今日はいつもと違う。

目覚ましの効果を確かめたい。


8時15分。

寝ている娘のそばにある目覚ましを見ると、

8時にセットされているが、消されていない。

また、鳴りっぱなしで寝ていたようだ。

設定音量が小さいのだ。



「8時過ぎてるよ?起きなくていいの?」

つい、声かけしてしまった。

案の定怒られたので、

大音量の8時半にセットして退散。



その後8時半に起きてきて、ご飯食べたり、準備したり

スマホしたり。

9時半にようやく出かけた。


昨日はお出かけが11時半だから、今日はこれでも9時半で早かった。

少しは多く勉強できたかな?!



帰宅後、

「お友達になにか言われた?(いつもより早いねとか、、)」

と聞くと、



「今日は10時から講習だったから(何も言われない)」


なんということだ。


どっちにしろ、9時半には出かけなければいけなかったのだ。

なんだかとてもガッカリ。






夏休み突入

受験生の親、時の経つのは早いもので

もう 夏休み


しばらくブログもお休みがちだったけれど、

私のストレス解消のために

日記のように書き留めていこう。



次女は朝7時に目覚まし時計をセットしている。

その目覚ましは、

夜の7時にも鳴り響く。

なぜか、

それは朝の7時に止めていないから。

聞こえないらしい。ちなみに目覚ましは2つ鳴る。



では何時に起きるのか?

目覚ましのない(聞こえない)次女は朝10時過ぎに起き出す。

11時半頃ようやく出かけた。


夜中、頑張って勉強していて寝不足なのね?

一瞬淡い期待を持つが、

昨夜机で勉強した形跡はない。(散らかった様が同じ)

家では勉強する気がおきないそうだ。

前々からそれは聞いていたのでやっぱりという感じ。



勉強可能時間は、

昼12時~夜9時(塾の自習室にいる時間)

その間に休憩、ご飯タイム(外食)などが入る。

実質6、7時間くらいだろうか。

夏休みだというのに、、、。


夜9時半に帰宅してから、部屋に行く12時まで

テレビを見たり、スマホで動画を見たり、お風呂に入ったり

彼女のリラックスタイム。

その後ベッドでマンガを読んだり、単語帳を見て就寝。




私も今まで何も言わなかったわけではない。

いつまでもE判定の模試に不安がつのる。

しかし、

「関わるな!うるさい!」

と全く親の助言など聞かない。



そしてまたこんなことを言う。

「自分は受験なんかしたくてするんじゃない!」


またいつぞやのパターンに戻りますか。


勉強から逃げたいのね。


「親のための勉強というなら、そんなのしなくていい!」

もちろん言う。


もう本当に受験を辞めてしまうのか心配したけれど、

次の日は普通にお昼頃出かけて行った。


後ろ姿にがんばれとつぶやく。







FC2Ad