ユーカリの樹〜私立受験体験記・主婦のブログ

二人の娘たちとの記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

志望校を決めなくてはいけない

国立はだいたい決まっているとして
(もちろん模試の判定はE判定だ)

私立の併願校をどこにするのか。


志願書の見本や面接対策を考えていたら、

そんなにたくさん受けるものではないと痛感する。


願書の志願理由を書くだけで時間がなくなりそうなのだ。

第一希望の国立の対策に専念させたいのに、

私立の対策に時間を割かれて欲しくない。


二兎追うものは一兎をも得ず

にならないだろうか心配だ。


医学部を受験することになって、

慶応医学部のすごさが身に染みて感じられるようになった。



かつて、中等部受験の時、慶応には医学部があるので志望した

と言った私。

あの頃に戻れるならバカタレと叱ってやりたい。


なんという身の程知らずなことをしてしまったのだろう。


とてもではないが、慶応医学部を受験できるレベルにも程遠い。


浪人はさせたくない。

これからどうなる??


相変わらず休日朝は九時ごろ起きてくる。

本気になってないのか?!まだ?!もう12月も近いよ。











スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。