ユーカリの樹〜私立受験体験記・主婦のブログ

中学・高校受験体験記/ 反抗期の娘2人

お友達、どうなったかな。

中学の同級生が高校受験をすると知ったのが
12月。
あれから2ヶ月が過ぎた。

学校の友達には誰にも言えず、
ひそかに高校受験に向けて頑張っていたのだろう。
友達づきあいも普通にして、
娘とディズニーランドにも何回も行っていた。
周りも気づかないぐらいだった。

そのお友達の受験結果がもうじき出る。
ちなみにそれは県立で1番の公立高校だ。
私立はすでにI川高校に合格しているらしい。
私は確約のある高校(偏差値65程度)
娘も受験したのでおすすめですよ~♪
なんて言ってしまったけれど、
後から恥ずかしくなってしまった。

というのも受験したのは
国立とK応とI川と県立の4高だけだったそうだ。
うちの中学は高校受験をする生徒には冷たい。
出ると分かったらもう戻れないのだ。
他受験してだめだったら戻る、ということはできない。

それなのに、たったこの4校しか受けないなんて!
しかも全部偏差値が70以上ある。

ちなみに、国立やK応ならば今の学校より難易度が高い
けれど、I川と公立高校はそうではない。
そこまでしても辞めたかったのかと思うと
娘と私、そして同じ学校の保護者の気持ちも複雑だ。

たとえ学校が離れても
これからも友達でいようね。
中高一貫なのに、中学卒業式は悲しい卒業式になりそうだ。



お手数ですが↓のバナーをポチっとクリックしていただけると嬉しいです。
ブログ村ランキング参加中です。(ブログ村にリンクします)
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村






関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad