ユーカリの樹 ~ ラブラドール15歳・私立受験体験記・主婦のブログ

ラブラドール15歳/中学・高校受験体験記/ 反抗期の娘2人

乳癌検診、裁判沙汰の医者でもいい?

先日、田舎の友達数人で乳癌検診の話になった。
どこの病院の〇〇先生に診てもらっている、と。


ある友達の口から、聞いたことのある名前 が飛び出した。


以前ネット上でその先生の記事をみたことがあったのだ。
名前も珍しいから忘れない。

その先生は現在は乳腺外科だが、以前は隣町の消化器科にいた。
そこで医療事故を起こし、裁判に。


ポイントは1ヵ月に2度も訴えられたこと。
もちろん違う事故で。しかしミスの内容は似ている。


いくら医師がミスをしたからといって、
すべてが裁判になるわけではない。
人間だもの間違えることはあるだろう。

患者さんやその御家族が裁判に踏み切るのは、
どうしても許せない、相当な思いのはず。

それがこんな短期間に2回もだ。

裁判結果は2回とも病院側が賠償金を相当額支払。
病院側の責任となった。



私はみたこともない先生だがかかりたくないと思ったし、
現在かかっている人は、過去を知らないからだと
勝手に思っていた。



話を戻す。

彼女はすべてを知っていて、それでもかかっているという。
いい先生だと信頼している。
技術だけじゃない、人間対人間なのだと。



私はなにも言えなくなった。

心が狭いのか?
そう責められているような気持ちになった。


この友達、、、
前回の記事に登場した「タフな友達」その人。^_^;



参考

示談にしない裁判において、患者側の勝訴率は約2割。
明らかに病院側の過失と分かるものは示談になることが
多いらしい。





にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村



ふるさと納税 ブログランキングへ









関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad