ユーカリの樹〜私立受験体験記・主婦のブログ

中学・高校受験体験記/ 反抗期の娘2人

娘のため不合格にしてくれた。 と、ポジティブに考えてみる

次女の中学受験が終わった数年前のこの時期、
くら~い雰囲気の我が家でした。

1次に通り、半分合格した気分のところ
2次試験で落ちるなんて・・・
ガッカリしないわけありません。
上げて落とされるほうが結構ツライ。

振り返ると、うちの志望動機はやっぱりまずかった。
願書&面接で馬鹿正直すぎました。

言ってはいけない語録は知っていたので、
それは避けたつもりでした。
「大学までエスカレーターだから」
これは言っていません。

ただ、エスカレーターだけど、
大学を全く考えないで受験する人はいません。
うちは次女が医学部志望でした。(言うのはタダ)
すると、おのずとW稲田などは考えられないのです。

面接で医学部のことを言うと、
先生は「K中からK大医学部へ行けるのは
学年トップの1~2人ですよ」

もちろんそれも知っていたんです、はい。
確実に医学部には行けないだろうことも。

ですから答えに詰まった私は
「中学高校の6年の間に自分の進路について
ゆっくり考えてもらいたいと思っています」
と答えました。が、無理がありましたね。

夢をあきらめろと言ってるように聞こえます。

誰からどう見ても次女にとってこの学校は
合っていません。この時点ではまだ小学生
ですから、本気で医学部行くかどうかは
別として。

のちに機会があってK大の医学部の学費を見て
目が飛び出ました。
誰ですか 私立医学部だけどK大は安いと
言ったのは

どっちにしろうちには縁のない学校でした。


余談ですが、次女が今通っている学校からは
K大医学部に何人も合格をもらっています。
面接の先生の言うとおり、
内部でトップ1,2人にいるより
外部から受験したほうが可能性は
あるのかも知れません。


応援のクリックお願いします↓↓
クリックしていただきますと、
別窓にてブログ村/中学受験が開きます。
このユーカリの樹は3/3現在、
ランキング第2位です。
クリックしてくださるみなさんのおかげです。
ありがとうございます

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(四谷大塚)へ
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://helloeveryone11.blog.fc2.com/tb.php/42-8e03d91d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad