ユーカリの樹〜私立受験体験記・主婦のブログ

中学・高校受験体験記/ 反抗期の娘2人

何度も失敗して遠回りしたけど、決してあきらめなかった人

子供の受験話から方向性がちょっとずれてしまうかも
しれませんが、私の大切な友達の話をさせてください。
(ブログ初登場ですので、過去の文章の方々とは違います)

公立高校受験(偏差値66)で失敗して
N大附属高校という滑り止め私立へ行った彼女。
(不合格になったのには事情がありました。
内申点は相対評価だった時代。
信じられないことが起きました。)

それから3年後、大学受験。
しかし、そこでまた難関国立不合格。2度目の挫折。
滑り止めは受けずにいたため浪人。

浪人して迎えた大学受験。 
難関国立を再び受けたものの不合格。
もう浪人できないため、滑り止めで受けた
短大へ進学。3度目の挫折でした。

そこで彼女はあきらめたりしません。

短大を卒業間近に控えた、
周りが就職活動をしている頃、
彼女は大学編入学を受験することにします。
就職活動は一切しませんでした。
編入学試験に落ちたらどうするのかと聞くと
落ちたときのことは考えないと言い切りました。

受験するという大学は短大からすんなり入れる
同系列の大学ではなく、
全く関係のない、難関私立大学。
普通に入学試験を受けても高レベルの大学ですから、
編入学はさらに難関です。
100人以上志願者がいるなかで
合格できるのはたったの数人程度。

彼女は英語と小論文と面接でそこへ入学しました。
普通ならそこで満足するでしょう。
しかし彼女は違いました。

大学卒業後、新聞記者として小さな地元の新聞社へ就職。
そこで実力をつけます。
働きながら勉強し、大学院へ。
その大学院というのが旧帝大です。

旧帝大大学院卒業後、大手新聞社へ就職。

そこでも頑張ります。
地方や希望ではない部署でコツコツと努力を重ね、
とうとう本社の出世頭といわれる部署へ配属になりました。

もしかして、彼女のことだから、
これもまだゴールではない?!のかもしれないです。


ぐうたら主婦をしている私とは全くの反対側の
私の知らない世界で頑張っている親友。

人生あきらめたら終わりだけれど、
努力しつづけていたらいつかは報われるのだと
教えてくれたのでした。

彼女は私の誇りです。

にほんブログ村 主婦日記ブログへにほんブログ村 受験ブログ 中学受験(四谷大塚)へにほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
ブログランキング・にほんブログ村へ





リベンジとは

前回私は「リベンジ」という言葉を書きました。

その後すぐに
「落ちたからと言ってリベンジなんて考えなくてもいい」
という会話を耳にしました。

ちょっと誤解があるかもしれないので補足です。

私は子供に対してリベンジを掲げて
過剰な「期待の押し付け」はしていません。
元々勉強の強制もしていません。

親が何かを言わなくても、
子供は同じ失敗、同じ辛い思いは
二度としたくないと考えるものです。
だから頑張れる。

次、自分が落ちた学校以上だと思える
高校や大学へ進学できたら、
「あの時落ちたけど結果的によかった」と
古傷の痛みを和らげてくれるのです。

途中経過はどうであれ、幸せな出口に到着し、
「あの時の失敗は自分の人生に必要不可欠であった」
と思える日が来れば、それもまたリベンジ。

ドライマンゴー(次女)は第三希望の
学校で頑張っていますが、
きっといつかどこかでリベンジするでしょう。

こうやって書いていて思うのは、
傷だらけの私たち家族が求めていた、
求めているのが、
リベンジという名の塗り薬。

負けず嫌いの方 限定処方。


読んでくださいましてありがとうございました。
にほんブログ村 主婦日記ブログへにほんブログ村 受験ブログ 中学受験(四谷大塚)へにほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

受験に失敗した同級生たちのその後は

公立高校の合格発表がありましたね。
残念なことに落ちてしまったお子さんもいると思います。
そんなお子さんに聞いて欲しい話です。

昔の話になりますが、私の高校受験のとき、
落ちてしまった友達が2人いました。
レベル的には偏差値66と64の県立高校です。
この2人は同じ私立高校へ進学しました。
近くのN大学附属で、このときは
県立の滑り止めでした。

この友達が大学受験でどうなったか。
1人は国立T波大、1人はM治大学法学部へ。
高校受験で失敗したため、リベンジしたかったと
言っていました。
N大附属高校からこの進学先はかなり頑張った
結果です。


モンキーバナナ(長女)の中学受験で同じく
公立中高一貫に落ちた同級生は高校受験で
どうなったか。
思い出せる人が5人いますが、
全員が県立第一希望の高校へ進学しました。
偏差値68の高校に3人。
偏差値63の高校に2人。(近所)

高校受験でリベンジ!という思いは
実は先にリベンジした先輩がいて励みになりました。
2歳上の先輩は
T波大学附属高校に合格したのです。
(モンキーバナナ(長女)が同じ塾だったので
分かりました)

公立中高一貫へは行けなかったけれど、
頑張ればそこ以上の学校へ行けるんだ!
と勇気をもらいました。

今回残念な結果だったとしても、
挽回の機会がまだまだ残っています。
人生長いのですから。



読んでくださりありがとうございました。
にほんブログ村 主婦日記ブログへにほんブログ村 受験ブログ 中学受験(四谷大塚)へにほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

内申点が悪い人へ

内申点が悪い人。
(うちのモンキーバナナ(長女)の内申点の悪さは
すでに過去の記事でご紹介済みです)
すでに取ってしまった過去の消せない内申点。
そのせいで、受験に絶望的になったりしていませんか?

公立高校はどうしても内申点が影響してしまいます。
(県によって選抜方法は公表されています。
当日の試験がよければ合格する可能性もありますが、
うちの県では明らかに不利でした)

しかし、そんな内申点でも私立ならば関係ナイです。
学校にもよりますが、当日の試験次第です
入試要綱の「合否選抜方法」を見れば分かります。
それでも分からない場合は学校説明会等で
直接尋ねてみるのもいいでしょう。

私立は学費が高い、とご心配の方も
いらっしゃるかもしれません。
しかし、学費についてちょっと調べてみてください。
昔と違って今はけっこう補助が出るのです。
もちろん所得制限はあります。
(受け取れる額はン十万円差が出る)
失礼な言い方になりますが、
所得が低ければかなりお得な制度なのです。
最高で42万円も補助が出ます(25年度)

↓ 学費補助のパンフレットです。(pdf)
http://www.shigaku-tokyo.or.jp/pdf/25jugyouryou.pdf

私立ならではの魅力的な設備がそろっていて、
教師陣も成果を求められる環境です。
大学附属高校ならばそのままエスカレーターですから
のびのびした学校生活が送れます。
私立も悪くないです。

モンキーバナナ(長女)は結局、
希望の私立に合格をいただいたので
県立は受験しませんでした。

かくいう私は田舎の県立出身です。
昔、私立は県立に落ちたら行くところ、
という位置づけでした。
今はどうなのでしょう?!

読んでくださりありがとうございました。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(四谷大塚)へにほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ

がむしゃらにひたすらやったこと

長女は3年12月から私立高合格に向かって
がむしゃらに走り出しました。

ひたすら「過去問」を解いていました。
受験が終わって見せてもらった赤本は
ぼろぼろでした。


あまり早い時期から過去問を解いても、
どうせ解けずに士気がなくなるだけですから、
時期的には秋以降がよいとされています。

長女の希望する学校は国語がとても長文の
難しい難問ばかりでした。
県立の勉強だけでは到底歯が立ちません。
最初は時間内に解けなかった問題たちも
何度も解くうちに時間配分が分かってきた
ようでした。

英語の過去問については、
分からなかった単語を単語帳にして
完璧に覚えていました。
親の私にしてみたら、それはあまり意味のない
ことのように思えたのですが
(一度過去問に出た文章はもう出なさそう…)
本人は熱心でした。

科目によっては
解く順序も決めているようでした。
「大問〇」は時間がかかるから、後でやる。
そうしないと絶対に時間がなくなるのだと。

何度も過去問をやったからこそ分かった
自分なりの(塾の?)対策だったのでしょう。

子供たちの勉強について、英熟語以外は
何をやっていたのかを具体的に記すことはできませんが、
長女のつぶやきを思い出しながら書いてみました。


にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ


すぐに過去問がやりたい!って思ったとき、
アマゾンが超特急で届きました。(お急ぎ便)
本屋さんで売り切れのこともあるし、
送料無料なら通販がおススメです。↓↓
 ※渋幕と我が家は関係ありません※
渋谷教育学園幕張高等学校 25年度用 (3年間入試と研究C15)渋谷教育学園幕張高等学校 25年度用 (3年間入試と研究C15)
(2012/07)
不明

商品詳細を見る


前のページ 次のページ

FC2Ad