ユーカリの樹〜私立受験体験記・主婦のブログ

中学・高校受験体験記/ 反抗期の娘2人

数学が苦手という次女の真実

今知った。

次女、中学2、3年のとき
数学の授業中寝ていたらしい。😭


そりゃー今数学で苦労するはずだ。

中高一貫だから、高校受験のときではなく、
高2になった今頃慌てている。現在数3。

2年間の穴埋めどうするんだよ。理系志望なのに。
いくら高校からは起きていると威張っても、
穴の開いたザルに水を入れてるだけだろーよ。


今頃、当時の授業を塾で受けようとしている。


ガックリ首を垂れた私を見た娘、

なぜか逆ギレ。😱


「知らなかったの?分かるでしょ!⇒(まさか寝てるとは思わん)

注意してくれたら良かったのに!⇒(お母さんのせいかい!)」


寝てるお友達も確かにいたかもしれない。

でもそのお友達は塾に通っていて、
すでに習っているところだから
退屈だったんだよ。


あなたみたいに、未知の分野を寝ていたら
どうなるか、、、。

想像できなかったのかい?🐙


あーーあ。



理系にしたのに

娘は父親が怖いのか。
反抗できなかったよう。
それのために、
文系に行きたかったのに
理系にしたようだ。

今頃後悔している様子。

私は好きにしていいと言っていた。
やりたいことがあるなら。

しかし、なにもやりたいことがなかった娘は
父親の
「怠けるんじゃない!」
「楽な方に行こうとするのは許さん!」
の言葉に
文系を選択できなかった。

最近、
「私って経済学部があっていると診断がでたんだよねー」
などと言い出した。


私は娘にはお金に関する勉強が合っていると常々思っていた。
お金が大好きだからだ。
(誰でもそうか)

子供のくせに“ せどり”なんかやっていて
大人顔負けなのだ。
株もやりたいらしい。

「お姉ちゃんが経済学部の見学に行ったら、
インフレとかそんなカタカナ語ばかりでちょーつまらないと
言っていたよ?」
というと、
「楽しそうじゃん!」
とのたまった。

やはり理系(目指せ医学部)が嫌なのだな。
もう自分には無理だと思ってしまっているのかも
しれない。
学校の先生にもそんな中途半端な気持ちで
受かる学部じゃないと言われたようだ。

今、いろいろと大きな壁にぶつかっている
次女。
はやく目標が定まることを祈っている。


一方、大学生になったお姉ちゃんは
帰りが遅いし、たまに外泊もするし、
サークルの合宿とやらで旅行まで。
エンジョイしすぎている。

バイトは行きつけの鍋やさんで始めたらしい。
ぐるなび見たら居酒屋じゃないか?!(><)
そこに高校のころから鍋を食べに行っていたのだから
余計驚いた。


こちらの悩みも尽きない。









前のページ

FC2Ad