ユーカリの樹〜私立受験体験記・主婦のブログ

中学・高校受験体験記/ 反抗期の娘2人

次女よ、簡単に私立に絞らないで。

大学受験。国立を受験する人は科目数が多い。

次女は国語、社会が手付かずになっている。

国語は模試も最低。(社会は模試なし)

学校の授業だけではだめなのか?!

なぜ?!

すると昨日衝撃の告白。

古典の授業も寝ていた、と。

ガーン

中2、中3と数学で寝てしまい大変なことになっているのは

知ってる。

古典 【も】?!


運動部でもなく、朝練もなく、学校まで近く、
夜も早々に寝て、朝はいつまでも寝ていて遅刻魔の
あなたが、なぜ授業中寝るんだ???


次女

「国語も寝てたって前に言ったじゃん!!」

逆ギレである。


ふと思う。

現代文と古典の授業は確か別のはず。

そう、次女は 【数学】と、【現代文】と、【古典】の授業を

寝ていたということだ。

漢文もだろーな。模試の漢文0点を見ると。



早く勉強始めないと、毎回毎回模試で国語が悪いと落ち込むよ?

(社会は受けてないから見えないけど、、)

というと、

「今は数学の主要な科目をやらなきゃいけない!

国語は捨てる!」

という。


ん??

国立で国語のないところなどない。

「私立にする!!」


?????


「私立にしたい、ではなく?

私立にすると言えば私立に出来るの?」


お母さんは昔、憧れの私立大があったけど

親に反対されて目指すことすら出来なかった。


いくらお姉ちゃんが私立の大学に行っていても、

だからといって妹も私立でいいよとはなかなか言えない。

医学部、薬学部の私立の学費はその比ではないのだから。

・・・

今日は駿台模試

慌てて10時過ぎにご飯も食べすに出ていった。

遅刻かな。

模試の遅刻は今までも3回ある。時間の勘違い含めて。

育て方間違ったかも。









友達の芸大合格🌸

先輩の合格発表

お友達のママから嬉しい知らせが届いた

なんと東京芸大に現役合格したと。

正直ビックリした。

その子は高校生になっても志望校が決まらず、
ママも心配していたのだ。

ある時突然美術に進むと言い出し、
早速絵画教室へ通いだした。
勉強はほとんどせず、絵ばかり書いていたそうだ。

部活も美術ではない。
絵が得意だとも知らなかった。

彼女のすごいところはこれだけではない。
併願をしなかったのだ。
全く他の大学を受けなかった。

東京芸大とは、何年浪人しても入れないところだと
聞いている。
どんな気持ちだったのだろう。

彼女の受験科目も並ではない。
学校では授業のない、そんな科目を選択していた。
独学だそうだ。
単位が影響しているらしい。さっぱり私には
分からない。


来年はうちの番。
学年末テストで赤点とってる場合ではない。娘よ。








こんな松茸あるんだ、、、

初めて松茸が我が家にやってきた!

買ったのではなく、サントリーとスーパーのコラボ懸賞。


応募の時の景品写真がこちら。
↓↓






そして、届いたのがこちら。
↓↓




大きい松茸はヒラキというらしい。名前そのまま、ひらいたもの。


松茸って、ツボミしか見たことなかった。

蓋を開けた時、
おばけカボチャならぬ、おばけ松茸かと思った。

とはいえ、味はたいへん美味だった。


1度松茸ごはんを食べてしまったから、
どうしよう、また食べたくなってしまったではないか!😱

知らなければ幸せだった?!




























お母さんが決めて?!

長女は大学生のため長い夏休み中。
のんびり旅行など行っている。

次女がいま、進路のことで悩んでいる様子。

大学は田舎じゃなければどこでもいい、
らしい。

いまの自分の成績で行ける国立医学部は現在ない。

田舎の国立にもお断りされる。

やけくそになった娘は、

「お母さん決めて」

と言ってきた。

もう、どうしていいのか分からないのだろう。



夏から東進に入った。

数学だけ。
レベルが4つに分かれているが、
オススメされたのが一番下の基礎。

ここから間に合うのだろうか?!













詐欺は身近にあった、、、

うちは女系。
だから、オレオレ詐欺は他人事だった。

ある日、それは突然に。
母から電話がきた。
「おじいちゃんが詐欺にあった」
「450万円とられた」


???

おじいちゃんは89歳。
一人暮らし。



おじいちゃんを騙した詐欺師は
「刑事」を名乗った。
偽札の事件を追っている、と。

テレビでもみた、劇場型だ。
刑事、市民課の担当がいたようだ。



相手が刑事なら
私でもびびる。

刑事の捜査協力のつもりだったのだろう。


詐欺師は銀行対策もしていた。

「銀行員に使い道を聞かれたら、
リフォームすると言いなさい。」

おじいちゃんは素直に従った。


50万円が端数のところをみると、
全財産下ろしたのではなかろうか。


おじいちゃんはショックで元気がなくなってしまった。


皆様のおじいちゃんおばあちゃんも
お気をつけてください。

1度とられたお金は2度と戻ってきませんから。





にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ
にほんブログ村





前のページ 次のページ

FC2Ad